パソコンと音楽の教室 サイバーミュージック 本文へジャンプ

お問い合わせパソコン使ってミュージシャン ブログへ

音楽用パソコンの選び方

●日進月歩で性能が上がり、今市販のパソコンは通常使用するには十分過ぎる性能

しかしDTM用として使う場合は、ソフトの動作がパソコンの性能にすごく依存するので快適に動作するか見極めが必要となります。(ここが難しい…)

最近話題の安価のネットブックパソコンは、正直な所DTM用としては、あまりお薦めできません。理由は、画面が小さく情報量が少ない事、パソコンを擬似楽器に変えてくれるソフトシンセと呼ばれる機能を使う時、性能が低いと、音が途切れたり、テンポがゆれたりと使っていて気になる症状が出やすいから等からです。

出先でデータを確認する、メインのパソコンを持っていてサブ的に使うなど割り切った場合は別ですが、買ってから性能アップが難しい機種が多いので多少、重く大きくても普通のノートタイプを選ぶ方が無難です。出来ればDTMの経験者の方に相談してから決めた方が良いでしょう。

☆ポイントは「CPUの種類/メモリ容量/ハードディスク容量」です。
特に「メモリ」は、多すぎるという事はありません。外見は同じでもメモリ容量が微妙に違うモデルがあったり、気をつけないと買ってから、動作が変だぞ!と後悔することになりかねません。購入する(使用する)ソフトの動作基準を最低で満たす性能のパソコンは出来れば避けたいですね。正しく操作したつもりでも動作が何かおかしい、不安定な動きをする事が起こる可能性もあります。

パソコンを買うタイミング

●買った途端に価値が下がる(生鮮食料品と同じ)と言われるパソコン

丁寧に長く使おうと思わず「使うことで元をとる」ように考えて、家にいる時は、電源入れっぱなしで気軽に「ツールとして使うもの」と考えると良いですね。

パソコンを購入したらパソコン価格の動向などは気にせず使い倒す気持ちでいきましょう。待てば必ず安くなります。でも待っていたらいつになっても買うタイミングは逃しますし新製品は永遠に登場し続けます。


音楽ソフトの選び方

●避けたいパターン→下調べせず楽器屋さんに行き「DTMソフト買いたい!」と相談するパターン

音楽ソフトは、演奏の記録に適したもの、綺麗な譜面を作るのが得意なもの、鍵盤を弾かなくてもデータの入力がしやすいもの、ギター等を直接録音してそれを加工するのに適したものなど、様々な特徴をもったものが流通しています。

店員さんも大抵の場合、自分の使っているソフトが最高!と思ってしまいがちで複数のソフトの特徴を十分に把握し、ユーザーの用途にあわせて薦めるケースは少ないです。DTM教室に来る生徒さんで多いのが「買ったものの使い方が分からない」ケースです。DTMソフトは、普及しているワードとは違って分からない事があっても分かる人に聞ける環境は残念ながら整っていません。そう考えると友達の持っているものと同じものを選ぶのも一つの方法ではありますが、その人の使い方にあっているかというと別問題ですね。

音楽をソフトを買う時は、沢山のソフトを扱った事がある経験者に是非相談して自分のやりたい事にもっともあったベストなものを選んでください。最近では価格も数千円でかなりの事が出来るソフトも流通しています。また音楽ソフトを作っているメーカーでも購入前に機能が試せる体験版など提供しています。購入してから困らないためにも是非情報収集に励んでください。操作をマスターするまでの時間もソフトの価格かも知れません。

※どのソフトを購入したら良いのか?、どんな機材を買ったら良いのかお悩みでしたら、無料で相談にのりますのでお気軽にメールして下さいね。買ってから後悔するより買う前の情報収集です。

デジタルピアノで練習する時のポイント

●ボリュームつまみを回すとスピーカーから出る音量が変わってしまうピアノ

本物のピアノ(いわゆるアコースティックピアノ))は、弾いた瞬間に音量が決まり、ピアノそれぞれに違いがあるものの極端な音量変化はありません。しかしデジピ(デジタルピアノ)は、弱く弾いてもボリュームを上げれば大きな音で鳴ってしまいます。

デジピは、音量のコントロールが本物以上に難しい性質を持っています。デジピで練習する時は、音量を一定にする習慣をつけましょう。出来れば本物のピアノを弾いた後に自分の使っているデジピを弾いて感覚的に同じ位の大きさに聞こえる音量をチェックして音量を固定して使うと良いですね。

気をつけないと音量を出そうとして必要以上の強いタッチで鍵盤を弾いて指を痛める可能性もあります。また弱いタッチでの演奏が上手く出来ない指(悲しいですね)になってしまう可能性もあります。

デジピの特性を理解してデジタルピアノライフを楽しみましょう!

ネットでの作品発表例

無料で動画が公開出来るYouTubeでの作品発表例です。


当教室の生徒さんの作品とブログです。
http://junsvoice.seesaa.net [ Into the Aurora 眠れぬ夜に ]




●Mail)info@uesawacm.com サイバーミュージック 電話) 070-5546-1790

Copyright (C)2006 CYBER MUSIC,All Rights Reserved.